外壁塗装

外壁塗装の人気の塗料はシリコンです。

フッ素の塗料も人気はありますが価格面で高いのでシリコンが一般的です。

その他のアクリルやウレタンも部分的に使う場合はありますがメインの塗装では最近はあまり使いません。

これから外壁塗装をするならシリコンを中心に検討するのが良いでしょう。

価格面で余裕があるならフッ素やガイナなどの高級な塗料も良いでしょう。

それよりも、どの外壁塗装の業者を選ぶかが問題です。

私は以前に大手のハウスメーカーに頼んだことがありますが、それなりに安心感がありました。

営業マンもしっかりした人が多くて信用できるという感じです。


外壁塗装 訪問販売

外壁塗装の訪問販売は評判が悪いです。

どうしても訪問販売の場合、1対1の関係になることが多いです。

その場合は情報が訪問販売の会社からだけになりやすいのでいろいろな面で不都合が起こります。

老人相手は契約が獲りやすいのです。

老人は話し相手が欲しい人もいますので、仲良くなれば契約まで持っていける可能性があるのです。

そんな場合によくあるのが遠方の息子などから工事の開始に待ったがかかる場合です。


息子さんが知らないうちに契約までしてしまうこともありますので、訪問販売のような形での契約は進めることができません。

外壁塗装をする場合は、複数の外壁塗装を集めてコンペのような感じで行うのが合理的です。

インターネットが普及している時代ですので情報はたくさんあります。


それらをインターネットに縁がない世代は知らないので訪問販売の言いなりになってしまいます。

外壁塗装 不安

外壁塗装する人が不安に思うことは、自分が知らないことが多い外壁塗装では騙されてしまうんじゃないかということです。

そんなことがないようにするには方法があります。

それは1社だけではなく、他社からも見積もりすることです。

外壁塗装 クレーム

外壁塗装ではクレームが起こることが良くあります。

例えば、職人さんが違法駐車や騒音などでご近所に迷惑をかけている。

又、作業的なことで言えば雨の日なのに塗装作業を行っている。など問題行動があります。

そんな時は、クレームを言うべきです。

それでもクレームが解消できない時は料金の支払をすべきではありません。

つまり料金の支払はこちら側の最大の強みになりますので支払は最後にするほうが良いです。

心を鬼にしてクレームを起こすような業者には当たって下さい。

そしてそんなことがないように最初に誠実な業者を見つけることが重要になります。

誠実な業者は、こちらが十分に選ぶ必要があります。

外壁塗装 個人

外壁塗装を個人で上手くやれば、かなりの金額がうきます。

ですが、足場を組むこともなく梯子で外壁塗装をするとなるとかなり危険な作業になります。

よほどの経験者でなければこういった作業を行うと経験不足で梯子から落ちたりすることもあります。


何ごとも自分でやってみると玄人の人が何事もなく行っているようなことでも実際には難しいことがたくさんあります。

特に足場を組んで作業をすることに比べますと、梯子の作業は大事故にもつながりますので気を付けてください。



足場を個人で借りるとなりますと20万円は最低でもかかりますね。

まあ、個人の人でも塗装が好きで玄人はだしの人もいることはいます。