外壁塗装 中塗りと上塗りの間隔

外壁塗装で中塗りと上塗りの間隔のことを工程内間隔時間と呼びます。

工程内間隔時間は塗料にもよるのですが、一般的には平温でも2時間くらいは必要です。


誰でもそうですが、自分の家を塗装してもらう時には丁寧にやってほしいものです。

雨の日やそれに近い日、それに外壁塗装で中塗りと上塗りの間隔などもしっかりと守ってほしいものです。


それは完成時にはわからないものかもしれませんが、耐久性の面で5年後にわかる可能性が高いからです。

悪質な業者なら、一気に2度塗りと称して塗ってしまいそうです。

市役所などが塗装を発注する時には中塗りと上塗りの色を変えることもあるそうです。

このような発注にして写真に撮って後からでも確認できるようにするのも良い方法だと思います。

工程内間隔時間まではわかりませんが、色を分けることで二度塗りのメリハリをつけるのが良いです。


それ以外にも、ちゃんと塗ってほしい時には気になる事が多いのが外壁塗装です。

ですが、あらゆる工程を監視する関係とはよい関係ではないでしょう。


信用できる実績のある、腕の良い塗装会社にすべて任せて頼むことが最善策のように思います。

外壁塗装 必要ない

外壁塗装って10年から15年くらいで塗り替える必要があるということです。

実際に必要なのかどうかって考える人は多いみたいです。


私も良く聞かれるのですが、家の塗り替えの目的には2通りあります。


一つ目は家をキレイにすることです。


やはり家がだんだんと古くなってきた時に家を塗り替えるだけで気分がいいですからね。

夫婦仲が悪い時に家の塗り替えをすると、夫婦仲が良くなるって聞いたことがあります(^◇^)



それで2番目の理由ですがこちらの方が重要だと思っています。

それは家の寿命を延ばすということです。

だんだんと家が古くなると雨水の耐久性が悪くなり家の中に浸透し、家の土台に悪影響を与えるというものです。

家の塗り替えで、耐水性をぐっと良くすることができるのです。


ですからクラックなどが多くなってきたら要注意です。

普通の塗料ならシリコン系が多いでしょうけど、10年くらいで塗り替えはやった方が良いのではないでしょうか?


外壁塗装 比較

外壁塗装の業者を比較することで良い条件が得られることが分かります。

そもそも昔からしっかりした人なら比較するということには慣れていました。



昔から比較するという方法はありましたが、基本的に業者からは嫌がられる方法です。

それに、子供でも比較されると嫌がります。

下手をすると不良になるかもしれません。


比較されるのは私達でも会社でもそうですね。

比較ということは本質的には凄い事なのですが、日本人には受け入れられにくい方法かもしれません。


ですが、ネットが普及して比較するサービスが普及してかなり比較する人が増えました。


本質的に購入者側からすると良い事だからです。


それに比較するサービスは前提が比較することですから、業者も気を悪くすることがないですね。



だから私は比較するサービスに申込みます。

車買取、外壁塗装比較見積り、不動産買取など比較するサービスは最強です。


外壁塗装の比較のサービスはコチラです。

外壁塗装 営業 しつこい

外壁塗装の営業マンはしつこいイメージの人が多いですね。

この場合の営業マンは訪問販売の営業マンです。

実際に訪問販売の営業マンって大変な数をこなしています。


でも問題点があります。


それは割高な料金の外壁塗装の営業マンが多ってことです。

訪問販売の営業マンって競合なしで契約まで持っていきたがります。


つまり、競合になったらいろんな面で他社に負けてしまうんです。

見積り的にも他社がいると値引きもソコソコ必要になります。


それに、他社と張り合って勝てるかどうかもわからないのです。

ですから、一気に契約まで持っていって作業して回収したがるのです。


外壁塗装の業者を選ぶ時は複数の業者の中から選ぶのが良いですね。


情報を公開して見積もり内容を比較することで良い業者を選ぶことができます。


訪問販売の業者と、一対一で契約するのは基本的にやめたほうが良いです。

おススメの契約は複数社を比較することから始めましょう。


外壁塗装 勘定科目

外壁塗装の勘定科目は基本的には修繕費になります。

ただ、あくまで修繕が必要な時に限ります。

修繕が必要でない場合は修繕費にはなりません。